ホーム > ワンクリック情報ガイド > 健康・福祉 > 予防接種 > 風しんワクチン(成人)

風しんワクチン(成人)

なぜ接種した方がいいの?

  妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると 、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群(耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなど)」という 病気にかかってしまうことがあります。
 
「先天性風しん症候群」になる確率が、妊娠1ヵ月で50%以上。
 この数字は、 免疫のない女性が妊娠初期に風しんウイルスに感染した結果、病気を持った赤ちゃんが生まれる確率です。
 赤ちゃんがそのような生まれつきの病気にならないよう、 妊娠 『前』 の予防接種で防ぐことができます。
未来の赤ちゃんのために、まず 風しんの抗体検査を boshi_kansen
※ 詳しくは、左記「風しんの抗体検査(成人)」をご覧ください。

対象者と 接種時期・接種回数

 

妊娠を希望している女性は

 

妊婦(妊娠を考えている)の夫

抗体検査を受けましょう

 

・風しんにかかったことがない方
・風しんワクチンを受けていない方
・どちらも不明な方

 

風しんの予防接種をご検討ください

 

抗体検査を受けましょう

 

接種後2ヵ月は避妊が必要

 

子どもの頃の接種を含めて2回
(2回の接種でより確実に先天性風しん症候群を予防できます)

 

抗体価が低い場合
接種することを ご検討ください

ポイント ひらめき               
1. 近年の風しんは成人に多い病気で、 特に10代後半~50代前半の男性 、10代後半~30代前半の女性が多く発病しています。
2. 特に昭和54年4月2日~平成7年4月1日生まれの男女は接種率が低く、昭和54年4月1日生まれ以前の男性は子供の頃に定期接種のチャンスがありませんでした。
3. 風しんの予防接種は、 はしか(麻しん)も一緒に予防できる麻しん風しん混合(MR)ワクチンで受けることをお奨め します。

助成対象者等

  野田村では、風しん、麻しん風しん混合(MR)ワクチンの接種を希望する方に助成を行ってます。

対 象 者

村内に住所を有する現在20歳~49歳の者で
 (1)妊婦の夫
 (2)これから妊娠を考えている夫婦

接種可能な
医療機関

 

 

白岩小児科医院

久慈市

53-4408

 

ちだ医院

久慈市

61-3366

 

しろと内科循環器科クリニック

久慈市

61-3330

 

竹下医院

久慈市

53-0022

 

おしかわ内科クリニック

野田村

71-1600

※上記以外の医療機関で受診を希望される方は、保健センター保健師まで事前にお問い合わせください。

料   金

無 料

予診票の交付場所

保健センター窓口にお越しください。

 

◎お願い◎

ワクチンの供給が不足のため、 妊娠を希望する女性・妊婦 (妊娠を考えている夫婦) の夫 については、 抗体検査の結果を申請時に持参 ねがいます。 お辞儀-女性
 

  • お問い合わせ先
  • 野田村保健センター 住民福祉課 保健班

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第17地割107番地

    TEL:0194-75-4321

    FAX:0194-78-3301

先頭へ戻る