ヒブワクチン

不活化ワクチン:接種後、別のワクチンを接種する場合は、6日以上あけましょう。

どんな病気?  

 ヒブ( Hib )という細菌による感染症で、小さなお子さんがかかると重大で命にかかわるものです。
 ヒブが鼻やのどから入って、脳を包む髄膜(ずいまく)やのどの奥、肺などに炎症を起こします。
ヒブが脳を包む髄膜について炎症を起こすと細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん)を引き起こし、 治療を行っても命にかかわることや、深刻な後遺症が残ることも少なくない病気です。

接種時期と接種回数

生後2か月から接種できます。

初回接種の月齢・年齢

接種回数

接種スケジュール

生後2か月~6か月

4

1回目から4~8週間隔で2回目
2回目から4~8週間隔で3回目
3回目からおおむね1年後の1歳早期に4回目
*

生後7か月~11か月

3

1回目から4~8週間隔で2回目
2回目からおおむね1年後に3回目

満1歳~4歳

1

1回のみ

5 歳以上

接種不可

 

* 追加接種時期の「おおむね 1 年」とは「 7 か 月~ 13か 月」程度とする。

  生後6か月以降の赤ちゃんに、ヒブによる細菌性髄膜炎が増えてきます。それまでに必要な免疫をつけておくために、生後2か月から、初回3回を6か月までに受けるようにしましょう。 また、1歳代に追加接種を受けないと、効果が長続きしません。 細菌性髄膜炎はかかった子どもの半数以上が0歳の赤ちゃんです。 必要接種回数が減る1歳まで待つことはおすすめできません。 必ず生後2か月過ぎから、スケジュール通りに受けてください。

注意点

 接種を開始した月齢によって接種する回数が異なります。一般的には、小さいお子さんがかかると重症になることが多く、早めの接種をすすめていますが、お子さんの体調によっては、接種を開始する月齢が過ぎてしまう場合があるため、その時は月齢に合わせた接種回数を接種してください。

  • お問い合わせ先
  • 野田村保健センター 住民福祉課 保健班

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第17地割4番地1

    TEL:0194-75-4321

    FAX:0194-78-3301

先頭へ戻る