ホーム > 観光 > 特産品・名産品 > 荒海ホタテ

荒海ホタテ

  荒海ホタテとは

  荒海ホタテが育てられる野田村沖は、外海で潮の流れが速く、水質がキレイで、ホタテのえさとなるプランクトンが豊富です。ホタテを固定せずに籠の中で育てるため、ホタテは自由に動くことができ、身がキレイで貝柱が肉厚な、甘味のあるしっかりとした味わいのホタテが育ちます。

 また、ラーバと呼ばれるホタテの赤ちゃんを野田村の沖で捕まえて、自前の海で育てているのも特徴で、成貝になるまで約5回の籠の入れ替え作業を行うことで、貝の付着物を除去し、数を調整することでホタテの成長を手助けし、丁寧に育てられます。

 野田村沖は外海のため荒海になることが多く、波が高いと船を出せない日もあります。また、プランクトンが豊富な浅い水深を保つにも高い技術が必要です。

養殖なのに、荒海という厳しい条件の中、手間暇かけて育てられる荒海ホタテ。 漁師さんは「野田村の美味しいホタテを食べてもらいたい」という一心で船を出し、日々頑張っています。


荒海ホタテ
 



◇荒海団について
  荒海団公式ホームページはこちら
◇ご購入はこちら
  ネットぱあぷる  (一般の方への販売は通信販売のみとなります)

  • お問い合わせ先
  • 野田村役場 産業振興課

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第20地割14番地

    TEL:0194-78-2926

先頭へ戻る