ホーム > 組織から探す > 住民福祉課 > 保健班 > 健康 ~母子対象~ > 岩手県広域的予防接種

岩手県広域的予防接種

 岩手県にお住いの子どもたちが、 県内全ての市町村で定期予防接種を受けられる ”広域接種パスポート”をご存じですか?

対象となる方

    岩手県内にお住いの子どものうち、

□かかりつけ医又は主治医が住所地市町村外の県内にある方
□お母さんの里帰り出産や施設に入所しているなど、住所地市町村外の県内に長期滞在している方
予防接種 □その他やむを得ない事情で、住所地市町村で予防接種を受けるのが困難な方
➡野田村に住所がある方は、村保健センターにご相談ください。

対象となる予防接種の種類

DPT-IPV( 四種混合)

IPV(不活化ポリオ)

結核(BCG)

HPV感染症

DPT( 三種混合)

麻しん風しん混合(MR)

Hib感染症

水痘

DT(ジフテリア・破傷風)

日本脳炎

小児の肺炎球菌感染症

B型肝炎

 

手続きと接種の流れ

1. 住所地市町村に 広域予防接種を希望する旨を電話等で 申し込み ます。
2.対象者と認められれば、「広域接種パスポート」が交付されます。
3.ご希望の 医療機関に電話等で予約の申し込み をします。
  ・・パスポートに記載された9桁の「広域接種番号」を確認されます。予め、手元に準備をしてください。
4.接種当日は 「予診票」「母子手帳 ※」「広域接種パスポート」の 3点セットを忘れずに!
 
※ 年齢によっては「健康保険証」の場合もあります。
  ・・これらのいずれかを忘れた場合は、接種を受けることができませんのでご注意ください。
5.受診の際に、 予診票の右上(欄又は余白)に「広域接種番号」9桁の記入 をお願いします。
6.受診後は医療機関から 「広域接種パスポート」を必ず返却してもらってください。
7.住所地市町村の負担額が医療機関の接種料金に満たない場合、窓口で差額のお支払いをしていただきますが、 野田村は、子どもたちの予防接種費用の全額を負担 しています。
8.パスポートは交付を受けた 市町村から転出した場合、無効となります。 すみやかに返却をお願いします。
     
※転出後に誤って使用し接種を受けた場合、接種料金は、後日全額請求されますので十分ご注意ください。

詳しくは、県ホームページ「★子育て応援!「広域接種パスポート」のお知らせ」をご覧ください。
  ➡ホームページURL: http://www.pref.iwate.jp/iryou/kenkou/yobou/062894.html

  • お問い合わせ先
  • 野田村保健センター 住民福祉課 保健班

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第17地割107番地

    TEL:0194-75-4321

    FAX:0194-78-3301

先頭へ戻る