ホーム > 組織から探す > 住民福祉課 > 保健班 > 健康 ~母子対象~ >  野田村不妊治療費助成事業

野田村不妊治療費助成事業

  不妊治療を行っている夫婦に対して 「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の他に、 治療費の一部を助成している野田村独自の事業 です。

対象となる方

1 法律上の婚姻をしていること。
あかちゃん 2 夫または妻のいずれか一方もしくは両方が、本村に1年以上住所を有していること。
3  1~2 の要件を満たしたうえで、 下記の 「不妊に悩む方への特定治療支援事業」 による助成金の交付を受けていること


【 不妊に悩む方への特定治療支援事業 】


 岩手県では、1回の治療費が高額であり、 その経済的負担が重いことから、治療に かかった費用の一部を助成することにより、その経済的 負担の軽減を図ることを 目的として「 不妊に悩む方への特定治療支援事業 」を実施しています。

 申請にあたっては、事前にお住いの保健所にお問い合わせください。
 ●久慈保健所  TEL 0194-53-4987
            受付時間 : 月曜から金曜(祝日を除く)  午前8時30分から午後5時15分 
 


対象となる治療

1 岩手県知事が指定した医療機関において治療した、保険診療の適用とならない不妊治療に限ります。
2 夫婦以外の第3者からの精子・卵子・胚の提供による特定不妊治療は対象となりません。

助成内容及び期間

〇1回の治療につき、
 1.特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)15万円まで
 2.男性不妊治療(精巣内精子生検採取法15万円まで、精巣上体内精子吸引採取法5万円まで)
○ 夫婦一組に対し
、1年度あたり2回までとします。また、 助成期間は 夫婦一組に対して通算5年度 とします。

申請手続きについて

1 窓口  野田村保健センター
       月曜から金曜(祝日を除く)   午前8時30分から午後5時15分
2 申請に必要な書類
   1 . 不妊治療費助成事業申請書( 第1号様式 )
下記をご覧ください。    
  
2 . 不妊治療費助成事業受診等証明書(指定医療機関にて証明)
   3 . 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(住民票)   
   4 . 県の承認決定通知がある方は、その写しと治療に要した領収書の写し(この場合 2.3 .は不要)
3 申請時期  
治療終了後、1年以内 に申請を行うこと。

 

 

 


関連ファイル
  • お問い合わせ先
  • 野田村保健センター 住民福祉課 保健班

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第17地割107番地

    TEL:0194-75-4321

    FAX:0194-78-3301

先頭へ戻る