ホーム > 組織から探す > 住民福祉課 > 保健班 > 健康 ~全村民対象~ > 自立支援医療(精神通院)

自立支援医療(精神通院)

  一定の精神・神経疾患のための 通院に要する医療費の自己負担額の一部を公費で負担 する制度です。
1年ごとに再認定の手続きが必要 になりますので、ご注意ください。(有効期限の3ヶ月前から手続きができます)

対象者

精神疾患のために、 指定自立支援医療機関に通院中の人。
※医療機関、薬局、訪問看護事務所等をあらかじめ指定して利用します。

自己負担額

原則として医療費の1割。
ただし、世帯の村民税の課税額および所得状況に応じて、その月の負担上限額が定められています。
(自己負担額を除いた医療費を各保険と公費で負担します)

手続きに必要な書類は、手続き先窓口に用意してあります。

新規申請・継続申請に必要なもの

1. 申請書
2. 精神通院医療用診断書(2年に1回)
3. 健康保険証の写し
4. 世帯(申請者と同一の医療保険の加入者分)の1年間の収入状況が分かるもの
  〇世帯の構成員が全て村民税非課税の場合
 
世帯全員の村民税非課税証明書と本人の1年間(申請日がその年の6月以前の場合は、前々年。7月以降の場合は、前年)の収入が分かる書類(年金証書、年金等の振り込みがあった部分の通帳のコピーなど)
  〇世帯の構成員に村民税課税対象者が含まれる場合
 
世帯全員の村民税課税証明書または非課税証明書
5. 印鑑
6. 自立支援医療受給者証(新規申請の人は不要)

※申請日が6月以前の場合は、前年の1月1日。7月以降の場合は、同年の1月1日に野田村に住所があった人については、課税台帳閲覧同意書(窓口にあります)を提出することにより課税・非課税証明書の提出を省略できます。
 

変更申請等に必要なもの

健康保険証の変更の場合

1. 申請書
2. 健康保険証の写し
3. 世帯の1年間の収入が分かるもの(申請者と同一の医療保険の加入者が変わる場合)
  〇世帯の構成員が全て村民税非課税の場合
 
世帯全員の村民税非課税証明書と本人の1年間(申請日がその年の6月以前の場合は、前々年。7月以降の場合は、前年)の収入が分かる書類(年金証書、年金等の振り込みがあった部分の通帳のコピーなど)
  〇世帯の構成員に村民税課税対象者が含まれる場合
 
世帯全員の村民税課税証明書または非課税証明書
4. 印鑑
5. 自立支援医療受給者証

※ 申請日が6月以前の場合は、前年の1月1日。7月以降の場合は、同年の1月1日に野田村に住所があった人については、課税台帳閲覧同意書(窓口にあります)を提出することにより課税・非課税証明書の提出を省略できます。

医療機関、薬局、訪問看護事業者等の変更・追加
氏名変更
野田村内における住所の変更
岩手県内の他市町村から野田村への転入・野田村から岩手県内の他市町村への転出の場合

1. 申請書
2. 印鑑
3. 自立支援医療受給者証

他県からの転入の場合

1. 申請書
2. 前住所地で申請した際に提出した診断書の写し
3. 健康保険証の写し
4. 世帯の1年間の収入が分かるもの(前住所地から発行してもらう必要があります)
  〇世帯の構成員が全て村民税非課税の場合
 
世帯全員の村民税非課税証明書と本人の1年間(申請日がその年の6月以前の場合は、前々年。7月以降の場合は、前年)の収入が分かる書類(年金証書、年金等の振り込みがあった部分の通帳のコピーなど)
  〇世帯の構成員に村民税課税対象者が含まれる場合
 
世帯全員の村民税課税証明書または非課税証明書
5. 印鑑
6. 前住所地で交付された自立支援医療受給者証の写し

 

 受給者が死亡した場合・県外へ転出する場合

手続き先窓口にある「資格喪失届出書」を添えて受給者証を返還してください。

 

  • お問い合わせ先
  • 野田村保健センター 住民福祉課 保健班

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第17地割4番地1

    TEL:0194-75-4321

    FAX:0194-78-3301

先頭へ戻る