ホーム > 組織から探す > 住民福祉課 > 住民生活班 > ごみ・環境 > 資源ごみの出し方

資源ごみの出し方

缶類

 缶類は、ジュースやお茶などの飲み物が入っていたもので、アルミ・スチールマークのついたものが対象です。中を水で軽くすすぎ、吸殻などの異物を取り除き、潰さずに指定のごみ袋に入れて出してください。
 ※アルミ缶とスチール缶に分けて出す必要はありません。
 ※汚れた缶、缶詰の缶、菓子缶、塗料や薬剤の入っていた缶などは不燃ごみに出してください。

びん(瓶)類

 びん類は、ジュースやお酒などの飲み物や瓶詰めの食品、調味料、ジャムなどが入っていたものが対象です。中を水で軽くすすぎ、吸殻などの異物を取り除き、指定のごみ袋に入れて出してください。割れたびん、汚れたびん、板ガラス、鏡、化粧びんは不燃ごみとなります。
 ※色別に分別したり、商品ラベルをはがす必要はありません。
 ※フタは、製品ごとに分別してください。
  (金属製:不燃ごみ、プラスチック製:プラスチック製容器包装)
 ※牛乳や飲むヨーグルト、健康ドリンク、ワンカップのびんなどに加えて、インスタントコーヒー、健康酢のびんなども対象(資源ごみ)となります。

紙類

 紙類は、新聞・段ボール・飲料用紙パック・雑がみの4種類が対象で、種類ごとにヒモでしばって出してください。紙類に入れて出す際もヒモでしばるか、または紙製のガムテープで閉じてください。紙は水に濡れると再資源化が難しくなるため、雨の日には透明な袋に入れるなどして、濡れないように出してください。
 ※飲料用紙パックのうち、内側にアルミ箔が使用されているものは燃えるごみとなります。また、キャップがつい  ている場合は、その周りを切り取って下さい。
 ※チラシは、新聞紙と一緒に出してください。
 ※段ボールのラベルやホチキスはできるだけ取り除いてください。

ペットボトル

 ペットボトルは、PETマークのついたジュースやお茶、しょうゆ、みりんなどの入っていたペットボトルが対象です。中を水で軽くすすぎ、潰さずに指定のごみ袋に入れて出してください。フタとラベルは製品ごとに分別してください。
 ※キャップのリングは、外さずにそのまま出せます。
 ※油を使用しているなど、汚れが落としづらいもの、落ち切らないものは可燃ごみに出してください。

発泡スチロール

 発泡スチロールは、食品トレー、魚箱などが対象です。汚れているものは水洗いし、紙製のラベル・シールは剥がして、指定のごみ袋に入れて出してください。ひどく汚れたものや家電製品の緩衝材などは対象外です。
 ※袋に入らないときは、ヒモでしばって出してもかまいません。
 ※色つきのものも対象になります。また、色ごとに分ける必要はありません。

プラスチック製容器包装

 プラスチック製容器包装は、プラマークのついている容器や包装で、汚れたり、濡れたりしていないものが対象です。汚れたものは軽く水洗いし、指定のごみ袋に入れて出してください。潰れたり、破れたりしたものや紙ラベル・シールがついたものでもそのまま出してかまいません。
 ※リサイクルの表示識別マーク(PETマークやプラマークなど)を確認し、正しく分別してください。

集団資源回収

 雑誌、新聞、缶類等の資源ごみは、地域の回収拠点や子ども会等の集団回収を利用しましょう。分別方法は上記と同じです。
 回収拠点:中平公民館脇、玉川活性化センター裏、根井地区農村公園脇、
      スマイル直売所、旧上明内公民館、米田高台団地敷地内
  • お問い合わせ先
  • 野田村役場 住民福祉課

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第20地割14番地

    TEL:0194-78-2928

先頭へ戻る