ホーム > 組織から探す > 住民福祉課 > 住民生活班 > ごみ・環境 > 雑がみリサイクルについて

雑がみリサイクルについて

雑がみについて

 平成29年1月から、ごみの減量化と資源化率の向上をめざし、雑がみの分別収集を開始しました。
 雑がみとは、新聞、段ボール、紙パック以外のリサイクルできる紙類のことです。使用済ティッシュなどの汚れた紙や、洗剤、線香など強いにおいの付いた紙などは対象外です。ひもで縛ったり紙袋に入れるなどして、資源ごみの収集日に指定の場所へ出しておいてください。
 詳しくは関連ファイル「【雑がみ】リサイクルについて」をご覧ください。

雑がみの具体例

〇対象となるもの
  紙袋、包装紙、メモ用紙、コピー用紙、封筒、はがき、紙製の芯、台紙、画用紙、カレンダー、雑誌、チ
 ラシ、カタログなど
  詳しくは、関連ファイル「紙類分別一覧表」をご覧ください。

×対象外のもの(燃えるごみに出してください)
  防水加工された紙、ビニールコーティングされた紙、写真、宅配伝票、アイロンプリント紙、点字紙など

  詳しくは、関連ファイル「リサイクルできない紙類」をご覧ください。

雑がみの出し方

・ビニール、プラスチック、金具、クリップ、発泡スチロールなどはすべて取り除いてください。
・家庭にある使用済みの紙袋や封筒に雑がみだけをまとめて入れ、紙ひもで縛るか紙製のガムテープで閉じ
 る。
・雑誌やカタログ、コピー用紙等の同じ大きさのものは、重ねて紙ひもで縛る。

 ※雨や雪の日は、上記のように束ねてから透明か半透明のビニール袋に入れて出しても構いません。
 ※紙類は「紙パック、新聞紙、段ボール、雑がみ」とそれぞれ分別して排出してください。
  雑がみを段ボールに入れて出されていることがありますが、それぞれ分別して出す必要があります。
関連ファイル
  • お問い合わせ先
  • 野田村役場 住民福祉課

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第20地割14番地

    TEL:0194-78-2928

先頭へ戻る