ホーム > 組織から探す > 住民福祉課 > 保健班 > ごみ・環境 > ごみの減量化のお願い

ごみの減量化のお願い

ごみの減量化のお願いについて

   久慈広域管内のごみは急激に増え続けています。ごみ焼却施設や埋立処分場の老朽化により、ごみが増え続けると数年でいっぱいになります。このため、ごみの減量化が緊急の課題になっています。
   野田村では、可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ、資源ごみの4つに分けて収集しています。資源ごみは、さらに缶類(アルミ缶・スチール缶)、びん類、紙類、発泡・ペットボトル、プラスチック製容器包装の5つに分類されます。可燃ごみ、不燃ごみとして出されるごみの中には、多くの資源化できるごみが含まれています。「混ぜればごみ、分ければ資源」を合言葉に、できる限り分別して出すようお願いします。

生ごみ処理容器、生ごみ処理機のあっ旋、購入費助成について

  野田村衛生班連合会(事務局:住民福祉課)では、生ごみを堆肥化するコンポストや手動・電動の生ごみ処理機をあっ旋し、購入費の2分の1を助成しています。生ごみには、水分が多く含まれるため、処理費も多くかかります。水分量を減らすため、これらの機器を活用するか、水切りをしっかりと行うようにしてください。
 購入費助成 詳しくは 下記ファイルをご覧ください。  

関連ファイル
  • お問い合わせ先
  • 野田村役場 住民福祉課

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第20地割14番地

    TEL:0194-78-2928

先頭へ戻る