ホーム > 組織から探す > 議会事務局 > 議会の役割

議会の役割

野田村の議会には、村民から選ばれた 1 2 人の議員がいます。
1 2 人の議員は村民に代わり、議案などの審議を通じて村民の生活がよりよいものになるよう議論し決定しています。
地方自治法により議会に与えられている主な権限は次のとおりです。

【議決権】
・野田村の条例を設けること、又は条例を改正、廃止すること。
 条例案の発案権は村長と議員の双方に認められていますが、お互いの内部組織に関することは、それぞれにしか認められていません。
・野田村の予算を決めること。予算の発案権は村長にだけ認められています。議会は、提案された予算案について審議修正することができます。
・野田村の決算を認めること。議会は議決した予算についてその目的、金額の範囲内において適正に執行されたか審査し、決算を認定します。
5.000 万円以上の工事又は製造の請負をしようとするとき。 700 万円以上の財産の取得又は処分をしようとするときは、議会の議決を得なければならないことが、「議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例」又は「地方自治法第 96 条」に規定されています。

【選挙権】
・議長、副議長のほか、選挙管理委員会委員及び補充員の選挙を行います。

【検査権】
・村の事務について、報告を求め文書や書類等の検査をすることができます。

監査請求権】
・村の監査委員に対して、村の事務に関する監査を求め、その結果の報告書を求めることができます。

【調査権】
・村の事務について、関係人の出頭、証言、記録の提出を求めて調査することができます。

【同意権】
・副村長、監査委員及び教育委員会の委員等の選任は議会の同意を得なければなりません。

承認権】
・村長が専決処分した事項については、次の会議において議会に報告し、承認を求めなければなりません。

【村長不信任議決権】
・村長に対する不信任議決をすることができます。この場合村長は議長から通知のあった日から 10 日以内に議会を解散することができます。

【意見書提出】
・村の公益に関することについて、議会の意思を決定して、意見書を国など関係行政庁に提出することができます。

【請願を受理し、処理する権限】
・採択した請願を村長に送付し、請願の処理の経過と結果の報告を求めることができます。

【受理権】
・村長は、議会の審議のためや議会に執行状況を知らせるため、村の処理する事務について、議会に報告する義務があります。 

●定例会と臨時会
【定例会】
・定例会とは議会で議決する事件の有無を問わず、村長が条例で定めた回数を招集する議会です。毎年3月、6月、9月、12月の4回村長が招集することとなっています。

【臨時会】
・臨時会とは、必要がある場合その都度、その事件に限り村長が招集する議会です。

●質疑と質問
「質疑」と「質問」は似たような言葉ですが、議会では次のように明確に区分けしています

【質疑】
・議員がすでに議題となっている議案などに対して、その提出者に口頭で疑問や不明確なことを明ら かにするために説明を求めること。
・議事運営上の円滑を図る事から質疑は、自己の意見を述べることができないとか、同一の議題に ついて同一の議員が三回を超えることができないといった定めがある。

【質問(一般質問)】
・行財政全般(公共事務、団体委任事務、行政事務の一切を含む)について、村に対して説明を求め 、又は所信をただすことであり、原則として文書で行い、かつ議長の承認が必要となる。質問回数 も質疑と同様、回数の制限がある。

●討論
【討論】
 ・議題となっている問題に対する自己の賛否の意見表明である。その目的は、自己の意見に反対 する者及び賛否の意思を決めていない者を自己の意見に賛同させること。

●陳情・請願の提出
【陳情・請願】
・請願とは、国民に認められた権利のひとつである。損害の救済、法律をはじめ政令、省令、訓令、 職務命令又は条例、規則の制定、改廃のほか地方公共団体の事務に関するすべての事項が含 まれる。

・請願を議会に行う場合は、書面に請願の趣旨、提出年月日、住所、氏名を記入し、押印のうえ提  出する。また、請願には1名以上の紹介議員が必要となりますので、紹介議員の署名を得てから  提出のこと。

・受付は随時行っていますが、郵送による提出は受け付けていません。提出日は役場の開庁日ならいつでも受付できますが、年4回(3月・6月・9月・12月)の各定例会の議会運営委員会の前日<まで に提出しないと次の定例会になります。

・陳情書も請願に準じて取り扱いますが、紹介議員の必要はありません。

●議会の傍聴

 議会の傍聴を希望される方の手続きならびに注意事項は次のとおりです。

【本会議】 
 ・傍聴を希望される方は、議会事務局窓口にて受付のうえ傍聴してください。

【委員会】
 ・委員長の許可に基づき公開(原則公開)となっていますので、傍聴を希望される方は、議会事務 局にて受付のうえ委員長の指示に従い傍聴してください。 

【傍聴人の守るべき事項】

・議場及び委員会室内における言論に対して拍手などの行為により公然と可否を表明しないこと。
・談論し、放歌し、高笑し、その他騒ぎ立てないこと。
・鉢巻、腕章、たすき、リボン、ゼッケン、ヘルメットの類などを着用し、又は張り紙、旗、垂れ幕の類 を掲げる等示威的行為をしないこと。
・帽子、外套、鉢巻きの類などを着用しないこと。ただし、病気その他の理由により議長の許可を得 た場合はこの限りではありません。
・飲食又は喫煙をしないこと。
・みだりに席を離れないこと。
・不体裁な行為又は他人の迷惑となる行為をしないこと。
・その他議場の秩序を乱し、又は議事の妨害となる行為をしないこと。  

  • お問い合わせ先
  • 野田村役場 議会事務局

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第20地割14番地

    TEL:0194-78-2934

先頭へ戻る