ホーム > ワンクリック情報ガイド > 防災 > 災害時の感染症予防対策

災害時の感染症予防対策

清掃と乾燥 が最も重要です。
作業にあたっては、
マスクや手袋を着用 ください。
浸水した家屋等の消毒の手順について、関連ファイルをご覧ください。

消毒及びがれきの撤去等を行う場合

ゴーグル・手袋 汚泥から生じるレジオネラ菌を含む微細な水滴を多量に吸引した場合には 、 レジオネラ症を発症 する可能性 があるため、特にがれきの撤去等の作業を行う場合は粉じんマスクの着用をお勧めします。

レジオネラ症(legionellosis)とは

レジオネラ・ニューモフィラ(Legionella pneumophila)と代表とするレジオネラ属菌による細菌感染症です。
主な病型として、重症の肺炎を引き起こす「レジオネラ肺炎(在郷軍人病)」と、一過性で自然に改善させる「ポンティアック熱」が知られています。

関連ファイル
  • お問い合わせ先
  • 野田村保健センター 保健福祉課 保健班

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第17地割107番地

    TEL:0194-75-4321

    FAX:0194-78-3301

先頭へ戻る